免許が必要な機械と不要な機械

IT機器にはいくつもの種類があります。知っているIT技術をはしから上げていってもすべてを言うのは大変です。だからここでは、大きく二つに分けます。

まず、免許がなくても使えるものと免許が必要なものの二つに分けてみます。免許がなくても使えるもの、とは文字通り、使用するのに免許は必要なく、日常生活でよく使うものです。たとえばパソコンや電子レンジ、電話機など、誰もが手に入れ、使うことが可能なものです。子供でもある程度大きくなれば普通に使っているものが多いです。でも今の子どもたちが普通に使っている機械でも昔の時代に持って行けば、それはまるで魔法のようなあり得ないものとして認識されるでしょう。そしてそれを使わせようとしても、出来ないと思います。

たとえばテレビ。これを使うにはリモコンでテレビの電源を入れてあげればいいですが、それを説明してもすぐに実行はできないと思います。知らないもの、予想外のものというのは大抵が怖く、恐ろしい物と決まっていますから、彼らは触ることさえ勇気がいります。

そんな現代の人ならば誰でも扱うことが出来る物とは別に扱うのに免許が必要なものもあります。それは乗ったり運搬したりするときに使う、乗り物がそうです。車やバイクの免許を持っている人は多いですが、電車やバス、大型特許等特殊な乗り物の免許を持っている人はほんの一握りです。そして、その乗り物は一歩間違えれば事故やけがの元となりますから、年齢制限が厳しいです。たとえばバイクは16歳以上、車は18歳以上。そして70歳以上の人は再訓練が必要……などです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です